ヒロイン注目の神話婚

八百万の神が集まる国での神話婚

国内リゾートウェディングで人気のあるのは、沖縄、軽井沢、舞浜、北海道などが挙げられます。
これらの地域は海外のリゾート地に負けないくらい有名で、それぞれの地域のイメージから、ウェディングにも人気がある理由も頷けます。
人気の面では一歩下がりますが、神話の国・八百万の神が集まる国として名高い出雲も注目です。
古事記などからの出典が、年号の選定で有力候補になったように、日本の神話時代が改めて注目されています。古事記の舞台としても有名な出雲でのいわば神話婚は、和装での神前ウェディング・縁結びのパワースポットがセールスポイントです。
神前婚に応じてくれる神社も出雲周辺にいくつかあり、まさに少人数のアットホームな雰囲気でウェディングを上げることができます。
和のテイスト・伝統的な日本らしさという意味で、鎌倉・日光・京都などでのウェディングも注目されています。

ウェディングのヒロインは花嫁

いわゆる結婚後の披露宴を開催する場合、理屈抜きで花嫁が主役・ヒロインです。
ゲストは花嫁に注目し、花嫁の友人のシビアな目が花嫁に注がれ、花婿の上司も花嫁を見て花婿の将来性を判断します。結婚式に関して行わなかった理由・行って良かった・この点が不満だったなど、のサイトの意見の多くが、女性の視点で掲載されているのでも分かります。
皮肉な言い方ですが、花嫁のゲストを結婚式に呼ばなかった言い訳、結婚式であれこれ言われたくない、でもしっかりとした結婚式の記憶と記録を残しておきたい、リゾート婚やフォト婚を選ぶ理由にもなっているのではないでしょうか?
ウェディングについて互いの考えを打ち明けるうちに、カップルの絆は深まるものです。もし迷うことがあったら花嫁中心でウェディングを考えましょう。


この記事をシェアする
ツイート
いいね
B!はてブ

TOP