結婚式を挙げる様々な理由

結婚式を避ける理由

カップルが結婚式を挙げない理由として、大きく金銭面・面倒・恥ずかしいの3つに分けられます。
その中でダントツの理由にあげられるのは、なんと言っても金銭面でしょう。結婚式にお金をかけるならば、今後の生活のためにお金をかけた方が良いと考えるカップルが多いです。
ゲストからの祝儀で結婚式の費用の一部は賄えるとはいえ、持ち出しの負担も少なくありませんし、ゲストへの祝儀も申し訳ないという気持ちも働きます。
結婚式の打ち合わせは、楽しい物ですが負担も大きいのが難点です。3ヶ月以上も準備にかかる上、カップルのみならず互いの両親の意向も汲みしなくてはなりません。結婚式を挙げる理由の上位には、両親を初めとした身内・親族に結婚式を見せるためというのがあります。
カップルが恥ずかしいと感じるのは、花嫁・花婿の性格・個別のプライベートの問題にも絡んでくるからでしょう。

台湾由来のフォトウェディング

一般的な結婚式を挙げられなくても、何らかのメモリアルを残しておきたい、その場合フォトウェディングという方法があります。
費用を抑えるだけではなく、再婚同士・授かり婚・人前に出たくない事情のあるカップルに利用されています。
フォト婚を含めた結婚写真は、ルーツはともかく1990年代の台湾でまずブームを起こし、その手法が日本や中国大陸に飛び火しました。中国大陸では、台北スタイルの結婚写真が一種のステイタスになっているほどです。
日本でも台湾風の手法を手本に、リゾート地を含めた好きなロケーションで写真を残せます。神前やチャペル、有名観光地をバックにプロもカメラマンが撮影してくれます。
なにより、撮影会社・式場で衣装や美容面も手配してくれるので、当日カップルはほぼ手ぶらで会場に行くことができます。


この記事をシェアする
ツイート
いいね
B!はてブ

TOP