こじんまりと人生のけじめを

国内リゾート地でウエディング決め手になるポイント

結婚式を挙げない理由は

80%のカップルが結婚式を挙げると言われていますが、実際にはフォトウエディング、誓いの儀式だけ行い、披露宴は行わないなどの事例も増えています。
結婚式を挙げて良かったと思う理由として、両家の両親が喜んだ・花嫁自身が喜んだ・めったに会えない恩人・知人・親戚に会うことができた・お世話になった恩人にゲストに来てもらえ挨拶ができ改めて挨拶に出向く手間が省けた・そして記念になるカップルの作業はこの時にしかなく、それなりに楽しめた、などがあります。
そして結婚式を挙げるメリットは何でしょうか?カップルの仲が深まることもありますが、親戚・恩人・知人に結婚を披露することで、安易な離婚を防ぐ効果もあります。
結婚式を行わなくて後悔したことは、結婚したという実感が沸かない・入籍の後に結婚の報告を親戚・恩人にしなくてはならない・両家の両親からあとから愚痴を言われた事が挙げられます。
結婚式を当初は挙げるつもりはなかったけれども、結果として挙げた理由として、両家の両親への感謝・結婚という人生のけじめや区切り・近親者ぐらいは顔合わせをした方がよい・近親者が強く勧め段取りまでしてくれた、などがあります。
このような理由を見てみると、ウェディングを行う行わないの要因は、両家の御両親の意向やカップルの人生の節目としてのけじめの意味が強いようです。
カップルが披露宴を避け、内々のウェディング、ゲストを絞り込む口実としてのリゾートウェディングを好む理由も、充分に頷けます。

結婚式を挙げる様々な理由

結婚式を挙げない理由として、一番大きな要因は金銭面での負担を避けたいことでしょう。負担を避けながら人生のけじめをつけたい・結婚のメモリアルを残したいという気持ちから、フォトウェディングを行うカップルも増えています。撮影のバックも自在なことも、その魅力の一つです。

憧れのリゾート地でのウェディング

海外であれ国内であれリゾートでのアットホームなウェデイングのメリットは、式の進行や余興・ブライダルアイテムに余計な気を回さなくても良いことです。本当に呼びたい・感謝したい両親や近親者だけをゲストに呼び、気兼ねをすることなく、結婚式を挙げることができます。

ヒロイン注目の神話婚

結婚式のヒロインである花嫁がある意味注目しているのが、出雲での神話婚です。通常のリゾート婚で好まれるのは自然の風景の美しさですが、国内の和のテイストをバックにウェディングを挙げたいカップルも増えています。 もし結婚式の在り方で迷いがあったら、花嫁の意向を尊重しましょう。

TOP